海外旅行

海外でのクレジットカードの立場

日本より海外の方がクレジットカードは、かなり発達しています。
日本でもクレジットカードを申し込むと審査がありますよね。
それと同じく、海外にも審査があります。

海外でも、審査に通る人と落ちる人がいます。
審査では、収入がきちんとあるか、安定した職業に就いているかどうかが審査の対象になります。
クレジットカードを持っているだけで、世間ではしっかりとした人だと見られることがあります。

先ほど、説明したのは米国での事を例にして説明しましたが西洋ではどうなのかをご説明します。
西洋では、日本と同じ考えで思ってもいいと思います。
都心部では、カードの支払いが多いです。

都心部では、高級な百貨店や料理店があるためその生活に合った人達がいるため都心部ではカードの支払いが多いのかもしれません。
しかし、住宅街では、デビットカードや小切手・現金でショッピングを楽しむ人たちがいます。
もちろん、カードでの支払いの方もいます。

他の国では、田舎の国や貧しい国だとカードが使えないことがよくあります。
そういった国の場合には、現金を持ち歩いたほうがいいと思います。
海外旅行や海外出張に行かれる方は、その国々の文化に合わせたやり方で行かれたほうがいいかもしれません。

このページの先頭へ