海外旅行

年金利の安さで決めるクレジットカード

クレジットカードの年金利が安いクレジットカードですがどこも大体金利は、同じです。
例えば、20万円を借りたとします。
キャッシングの金利が18%とします。

そしたら月に1万円返すと支払い金額が23万円に膨れ上がります。
ここで、最初に借りた金額と比べますと3万円の差額が出てしまいます。
もし、もっと金利が低かったらいいとは思いませんか?

例えば10%の場合、21万7千円で、1万3千円も違います。
次に5%の場合、20万8千円で、金利が8千円で済みます。
このように、クレジットカードの金利が高いことはご理解していただけましたか?

お金を借りる時は、レイクなどの消費者金融に借りたほうがいいかもしれません。
借りることに越したことはありませんがもし、何か急に必要になった時にいいかもしれません。
レイクなどは、大手銀行が運営していますので、昔ほど怖いことはありません。

その他の消費者金融もあります。
しかし、中には悪徳な消費者金融もありますので借りる時はきちんとした金融機関を選んでお金を借りたほうが後々トラブルを起こさなくて済みます。
お金を借りる時には、計画的な返済をしましょう。
また、返せない金額は借りずに返せる範囲の金額でお金は借りて返すものはしっかり返しましょう。

このページの先頭へ